建築物の飲料水管理、貯水槽水道衛生管理士のことなら全国建築物飲料水管理協会/東京都港区

コンテンツ
建築物の飲料水管理、貯水槽水道衛生管理士のことなら全国建築物飲料水管理協会/東京都港区
全水協/全国建築物飲料水管理協会からのお知らせ
全水協とは
全水協各支部のご案内
安全な飲料水、貯水槽の衛生管理に関する商品のご案内
安全な飲料水、貯水槽の衛生管理に関する商品のご案内
貯水槽水道衛生管理士講習会
安全な飲料水、貯水槽の衛生管理の関連講習会
貯水槽水道衛生管理士Q&A
飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ

トピックス 飲料水について

公益社団法人 全国建築物飲料水管理協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目9番14号
(郵政福祉虎ノ門第1ビル)
全水協/全国建築物飲料水管理協会への地図はこちら


電話:03-3502-0785

FAX:03-3580-7077

飲料水について 受水槽設置者または管理者の方へ
全水協 トップページ > 飲料水について > 飲料水に係わる各種の規制

飲料水に係る各種の規制

ビル内の受水槽をとおしての飲料水の給水は、利用する人々の公衆衛生や生活環境の保持の問題に深く係わるだけに、様々な規制が設けられています。

建築物衛生法で規制を受けるもの
  事務所、店舗、興行場、百貨店、旅館、学校等多数人が使用するビルで床面積3,000u以上のものに適用されます。受水槽の有効容量には関係ありません。

水道法−簡易専用水道として規制を受けるもの−
  都道府県や市町村等の水道事業から供給される水(飲料水)だけを水源として、一旦受水槽に受け、各階に供給されるもので、受水槽の有効容量が10トンを超えるものに適用される。

水道法−専用水道として規制を受けるもの−
  居住者が100人を超える寄宿舎、社宅等で
1. 井戸水を使用するもの。
2. 他の水道水からの給水で水槽の有効容量が100トンを超えるもの。

学校保健法、労働安全衛生法等で規制を受けるもの
  特別な用途向けに給水されるもので、管理方法等の一部が規制されているものです。

建築基準法−給排水設備の設計・施工について
  建築基準法施行令に基づく『給排水設備技術基準』(昭和50年建設省告示第1597号)により規制がなされている。

その他
  地域によっては、都道府県・市等の条例による規制がなされている。

飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ
安全な飲料水について、貯水槽水道衛生管理士やその講習会についてなど、お気軽にお問合せ下さい。
飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ

飲料水・貯水槽衛生管理の全国建築物飲料水管理協会全水協からのお知らせ
全水協とは全水協各支部のご案内 貯水槽衛生管理等に関する商品のご案内
貯水槽清掃作業監督者講習会貯水槽水道衛生管理士講習会貯水槽衛生管理の関連講習会
貯水槽水道衛生管理士Q&A飲料水、貯水槽衛生管理などに関するお問合せ
公益社団法人 全国建築物飲料水管理協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番14号(郵政福祉虎ノ門第1ビル) 
TEL:03-3502-0785 FAX:03-3580-7077
Copyright (c) 2009 JWA INC.