建築物の飲料水管理、貯水槽水道衛生管理士のことなら全国建築物飲料水管理協会/東京都港区

コンテンツ
建築物の飲料水管理、貯水槽水道衛生管理士のことなら全国建築物飲料水管理協会/東京都港区
全水協/全国建築物飲料水管理協会からのお知らせ
全水協とは
全水協各支部のご案内
安全な飲料水、貯水槽の衛生管理に関する商品のご案内
貯水槽水道衛生管理士講習会
安全な飲料水、貯水槽の衛生管理の関連講習会
貯水槽水道衛生管理士Q&A
飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ

トピックス 飲料水について

社団法人 全国建築物飲料水管理協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目9番14号
(郵政福祉虎ノ門第1ビル)
全水協/全国建築物飲料水管理協会への地図はこちら


電話:03-3502-0785

FAX:03-3580-7077

推奨品審査基準
全水協 トップページ > 商品のご案内 > 推奨品審査基準

推奨品審査基準

推奨品規程第3条第1項に記載されている推奨品審査基準は下記のとおりとする。



1. (社)全国建築物飲料水管理協会が推奨するに相応しい品物であること。
2. 飲料水槽内で使用する薬品、塗料等、飲料水の水質に影響のある品物 については、行政官庁等の発行する証明書の添付を必要とする。
3. 機械・器具類については、最小限次の条件を充足するものであること。

(1) 使用方法が簡単で、且つ安全であること。
(2) 斬新で、且つ使用効果の高いもの。
(3) 故障頻度が少なく、且つアフターサービスが適切であること。
4. 品物の価格については、市価との比較等を検討し、その決定には慎重を期すること。
5. 上記以外の規程については、審査委員が良識的に判断して会員によろこばれ、且つ活用されるものであること。


社団法人 全国建築物飲料水管理協会推奨品規程

(目的)
第1条
この「推奨品規程」は品質、性能、価格等を審査し、優良な商品を会員に紹介し会員の福利並びに建築物飲料水管理清掃業務の向上に貢献することを目的とする。
(定義)
第2条
この規程において「推奨品」とは、審査委員会において、申請のあった品物の内容を十分検討し、審査委員会の審査に合格したものをいう。
(審査委員会)
第3条
1. 審査委員会は「推奨品審査基準」を参考に合否を判定する。
2. 審査基準に合致するか否かの判定については、審査委員長を含む出席審査委員の3分の2以上の同意をもって決定する。
3. 審査委員会は、審査の結果を理事会に答申する。
4. 審査委員会は必要に応じて委員長が招集する。
(審査委員)
第4条
1. 審査委員は協会の理事7名と常任顧問及び学識経験者2名以内を以って構成する。
2. 審査委員は理事会の議を経て、会長がこれを委嘱する。
3. 審査委員は互選により委員長を選任する。
4. 審査委員長は必要に応じて副委員長を指名することができる。
5. 審査委員の任期は2年とする。
(申請方法)
第5条
推奨品として認定を希望する個人並びに法人は、申請書に所要事項を記載し、別に定める手続き方法により、会長宛に申請する。
(推奨期間)
第6条
審査委員会の審査に合格した商品の推奨期間は3年とし、3年毎に再審査を行う。
(推奨の取消し)
第7条
審査委員会は、3年毎に行う定例審査、或いは必要に応じて行う臨時審査によって推奨に値しなくなった品物については、理事会の議を経て、推奨を取消すことができる。

附則
この規程は、平成8年9月4日から施行する。

飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ
安全な飲料水について、貯水槽水道衛生管理士やその講習会についてなど、お気軽にお問合せ下さい。
飲料水、貯水槽の衛生管理などに関するお問合せ

飲料水・貯水槽衛生管理の全国建築物飲料水管理協会全水協からのお知らせ
全水協とは全水協各支部のご案内 貯水槽衛生管理等に関する商品のご案内
貯水槽清掃作業監督者講習会貯水槽水道衛生管理士講習会貯水槽衛生管理の関連講習会
貯水槽水道衛生管理士Q&A飲料水、貯水槽衛生管理などに関するお問合せ
社団法人 全国建築物飲料水管理協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番14号(郵政福祉虎ノ門第1ビル) 
TEL:03-3502-0785 FAX:03-3580-7077
Copyright (c) 2009 JWA INC.